TOPページ > AWAサポートセンター > センター長ごあいさつ

AWAサポートセンターについて

センター長ごあいさつ

徳島大学では、平成22年度文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業として「徳島大学AWA(OUR)サポートシステム(平成22~24年度)」の採択を受け、女性研究者の増加とキャリアアップ、女性研究者の業積向上、ワーク・ライフ・バランスの実現を達成目標とし、環境整備及び研究力の向上を図りました。

さらに平成26年度には、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(連携型)」に、「四国5大学連携女性研究者活躍推進コンソーシアム形成事業(平成26~28年度)」として採択されました。本事業は、四国国立5大学並びに企業等との連携により、共同研究プロジェクトの立ち上げ、研究交流発表会、シンポジウムの開催などを通じて女性研究者の研究力向上や上位職への登用を推進し、小さな四国アイランドから、改革と成果を発信し続けていくことを目標として取り組みました。また、「徳島大学AWA(OUR)サポートシステム」で整備された育児サポート体制を継続的に充実させ、女性のワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備を着実に進めてまいりました。

その成果指標である女性研究者の業績向上としての科研費をはじめとした外部資金獲得数や、上位職への昇任並びに管理職への登用数、在職者数などは、いずれも上昇・拡大傾向にあります。更に本事業では、四国の国立5大学並びに企業等が連携し、目標に向かって歩む中で、『連携』による成果を得たと感じております。連携により女性研究者のネットワークが広がり、たくさんのロールモデルの方々と出会えたことは、やがて大きな花を咲かせることと思われます。女性活躍社会に向けての取組みは、少しずつ確実に広がり進んでいます。これまでのそしてこれからの取組みにより、女性が充実した生活・人生を送るための方策を得て、キャリアに対して意欲を持ち、あらゆる状況において『調和』を図る力を持つことで、女性自身が輝き、豊かな社会が形成されていくものと期待されます。『四国5大学連携』の協力と共同は、今後も継続していきます。

AWAサポートセンターでは、「すべての女性が輝く社会」の実現に向けて、そして女性も男性も共に、家庭・職場・地域社会の中で、バランスを取りながらハーモニーを奏でられるように、新たな支援を展開していきたいと考えております。

今後の展開

AWAサポートセンターでは、四国地区の大学、企業、研究機関等が協働して一体的に事業を推進することにより、女性研究者が、研究、職場、家庭の調和を図り、研究環境における活躍の場を広げて、地域や社会に貢献できる研究成果の創出並びに組織や研究活動を牽引する女性リーダーの育成を目指していきます。

1. 女性のマンパワーの確保と充実

ダイバーシティ研究環境実現による優れた研究成果の創出に向けて、引き続き、女性のマンパワーを確保し充実させるための方策を展開していきます。

2. 家族の調和を図る

ライフイベント中の女性がキャリアを中断しない、あるいは中断からの復帰を円滑にするための家族の調和を図る方策を展開していきます。

3. 女性がチャレンジする力を持つ

女性が、その先を見据えたキャリアビジョンを持つことができる家庭・職場・社会となるようこれまでの取組みの成果・効果を評価しながら新たな支援を展開し、女性自身がチャレンジする力を持つための方策を展開していきます。


今後も引き続き皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

ページのトップへ