TOPページ > 男女共同参画 > 学長ごあいさつ

男女共同参画の推進

学長ごあいさつ

徳島大学長 野地 澄晴

徳島大学は、2009年に「男女共同参画室」を設置し、同年12月に、香川征前学長により「徳島大学男女共同参宣言」をおこないました。宣言にありますように、総ての構成員一人ひとりが高い意識をもって、男女互いの人権と人格を尊重し、女性も男性も、誰もが個性と能力を発揮できる環境を形成してゆかなければと考えております。その一つの施策として、2010年7月には、男女共同参画推進本部を置き、10月には様々な取組の実施母体として「AWAサポートセンター」を開設いたしました。

男女共同参画において、特に、「女性の力」は日本の最大の潜在力とされており、女性が活躍できる環境の整備が、徳島大学においてもさらなる発展のための重要な課題になっています。「AWAサポートセンター」が中心となって、2014年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」(連携型)」(実施期間:平成26年度~平成28年度)に「四国5大学連携による女性研究者活躍推進コンソーシアム形成事業」が採択されました。

この事業は、2016年度で終了しますので、今年度までに良い成果を上げ、次の補助事業でも採択していただけるようにしなければなりません。これまでに、下記の事業を行い、徳島大学AWA(OUR)サポートシステム女性研究者プロジェクト(上位職登用)による女性研究者の学内昇進が実現し、女性活躍推進が進展しています。

本年度の課題は、理工学部での女性教員数の増加です。理工学系は女性が少なく、今後は女性研究者による理工学系のさらなる発展を期待しております。徳島大学は、個々の能力を発揮して活躍できる環境を整える努力を継続いたします。その結果として、徳島大学がさらに発展することを目指しておりますので、ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

徳島大学AWA(OUR)サポートシステム 事業内容


徳島大学女性研究者交流会

1. 女性研究者の研究力向上を図るための支援
2. 女性研究者の上位職への登用に向けた取組
3. 意識啓発や組織改革等を図るための取組
4. 女子学生・女性研究者向けキャリアパス支援の取組
5. 女性研究者への研究支援員配置
6. AWAベビーシッター制度による育児支援
7. あわさぽマミールームシステムによる育児支援
8. 子育て支援室、女性職員休憩室の管理・運用・維持

ページのトップへ